ZENTRADER (ゼン・トレーダー)のバイナリーオプション豆知識「海外バイナリーオプションではボリンジャーバンドは有効ですか?」

2019年より新規オープンされた海外バイナリーオプション業者のZENTRADER (ゼン・トレーダー)について検証レビューしていくページとなっております。

まだゼン・トレーダーをご存じでない方はコチラです。
■「ゼン・トレーダー (zentrader)」
https://affiliates.zentrader.com/2050-2.html

今回は、バイナリーオプション初心者の為の海外バイナリーオプション豆知識になります。

今回のテーマは、「海外バイナリーオプションではボリンジャーバンドは有効ですか?」になります。

よくFXを経験したトレーダーさんから聞かれる質問があります。
「バイナリーオプションでは、ボリンジャーバンドは有効ですか?」

と。

FXではボリンジャーバンドというテクニカル指標があります。
FXでも最も有名な指標の一つともいえるのかもしれません。

今回は、ボリンジャーバンドがバイナリーでは有効かも含めて
掘り下げていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

このボリンジャーバンドはオシレーター系のテクニカル指標で、
考案者のジョン・ボリンジャー氏の名前からそう呼ばれています。

ボリンジャーバンドは値動きの平均幅から相場が収まる範囲を
統計的に計算し、移動平均線で移動の平均値を表します。

普段は基準である移動平均線に近い値で相場が上下するため、+3/+2/+1、
または-3/-2/-1といったように+-の数値でそれぞれ相場を収まる可能性を把握します。
相場の流れに沿った順張りに活用されますが、逆張りにも使用されます。

FXでは有名なテクニカル指標ですが、ではバイナリーオプションでは
ボリンジャーバンドは有効?と考えると有効であると言えます。

バイナリーオプションでは相場が上下しすぎると予想がつきにくいですが、
一定の範囲で上下を繰り返すおとなしい相場の方が読みやすいと言われます。

ボリンジャーバンドで相場のトレンドを
予想したり、または逆張りに使用することも出来ます。

普段は一定の範囲内で相場が上下を
繰り返すため、順張りのタイミングを測るのに用います。

相場の上限にきたなら次は反転する可能性が高いので逆張りをし、
また移動平均線から大きく外れて相場が動いた時も反転する可能性が
高いので逆張りをします。

ボリンジャーバンドは統計学を活用したテクニカル指標であるため、
相場の平均幅から統計的に相場がどの範囲に収まるかを確率的に把握するものです。
統計的な数値であるため確率はあくまでも確率で外れることもあります。

しかし統計的に計算して相場の値動きの幅を算出しているため、
相場の動きを読むのに役立ちます。

また、ボリンジャーバンドの相場のリズムに添って
短時間取引にて、上昇のタイミングでハイ(高)
下落のタイミングでロウ(低)

ハイ(高)ロウ(低)ハイ(高)ロウ(低)と繰り返し投資しながら
短時間で、美味しくいただける相場もありますので

このリズムというパターン、上下の相場をきちんと把握し
タイミングよく繰り返しトレードしていく事です。

ボリンジャーバンドと聞くと何やら難しそうな雰囲気がある用語ですが、
使い方を覚えてしまえばバイナリーオプションの勝率を高めるために
欠かせない存在となることでしょう。

バイナリーオプションで勝つためには、
ボリンジャーバンドなどのテクニカル指標を
有効に活用することで勝率を上げることが必要です。

以上、参考になれば幸いです。

初心者に優しいバイナリーオプション業者ならコチラ▼
ZENTRADER (ゼン・トレーダー)で今すぐ5000円のボーナスをGET!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ